その輝きは「ダイヤモンドに匹敵する」

奈良県吉野町に来ています。
吉野杉/檜・・・・・・手間掛けて林業家が作ります。

それを活かす大工さんの育成が大事です。

いい樹を育ててもそれを活かせる技術がなきゃ意味がありません。
強制乾燥して、プレカット。
これでは「100年保つ住宅住宅は出来ない」
自然乾燥で、手刻みの家づくりが大事で基本です。

それが当たり前の時代に戻さなきゃいけないし、
それを消費者に伝えなきゃいけない・・・・・

美しい吉野杉を見て「その心地を再認識」しました。
多くの方に「木のホントを伝えたい」

その輝きは「ダイヤモンドに匹敵する」と思います。

投稿者プロフィール

井上幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。
category:古材  |    |  2020.11.03

関連する記事

pagetop