2020年2月

木材

20/02/28

林業を考える 2

この燃料革命と同時期の昭和30年代、 木材の需要を賄うべく、木材輸入の自由化が段階的にスタートし、昭和39年に木材輸入は全面自由化となりました。 国産材の価格が高騰する一方で外材(… [more]

住宅ローンで古民家再生

古民家を再生する場合今までは自己資金で費用を工面するしかありませんでした。古民家は資産価値が無いといわれていたからです。 でも今は違います。古民家再生総合調査を実施して古民家の現在… [more]

木材

20/02/26

林業を考える 1

昭和20年~30年代には、 日本では戦後の復興等のため、木材需要が急増しました。 しかし、戦争中の乱伐による森林の荒廃や自然災害等の理由で 供給が十分に追いつかず、木材が不足し、高… [more]

古民家

20/02/25

古民家を直すお金について

初めまして、古民家の専門家、コミンカニストの川上 幸生と申します。これからこちらにも色々と古民家に関する情報を投稿していきたいと思いますのでよろしくお願いします。 第1回目の投稿は… [more]

木造住宅のお話し 7

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。 あたり前のようにあって当然のものと考えますが、 木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。 現代になって木… [more]

木造住宅のお話し 6

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。 あたり前のようにあって当然のものと考えますが、 木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。 現代になって木… [more]

木造住宅のお話し 5

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。 あたり前のようにあって当然のものと考えますが、 木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。 現代になって木… [more]

住育のすすめ 1-2「マイホームのドアは、天国か地獄へ通じています」

※この記事は、『住育のすすめ~住まいを考える50の方法~』(竹島靖著/角川SSC新書/2007年刊)を1節ごとにご紹介していくコンテンツです。 第1章 悩む。 賃貸か、持ち家か、そ… [more]

木造住宅のお話し 4

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。 あたり前のようにあって当然のものと考えますが、 木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。 現代になって木… [more]

木造住宅のお話し 3

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。 あたり前のようにあって当然のものと考えますが、 木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。 現代になって木… [more]

木造住宅のお話し 2

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。 あたり前のようにあって当然のものと考えますが、 木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。 現代になって木… [more]

木造住宅のお話し 1

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。 あたり前のようにあって当然のものと考えますが、 木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。 現代になって木… [more]

古民家

20/02/03

古材のコト

「古材」 ゆっくり長い時間をかけてしっかりと乾燥された木材は、 間違いなく理想の木材です。 1 棟の古民家からどれくらいの「古材」が取れるのかとい うと、 実は 7 割は 10 本… [more]

pagetop