私の理想の古民家生活

 

ずっと昔から 田舎の古民家で

暮らしたいと思っていました。

見晴らしの良い 山の中腹にある 古民家にいつか住みたいと。

幼いころの記憶の中にある 暮らしは

土間があって おくどさんが あって

その土間で 繰り広げられる

たくさんの行事を 楽しみながら

わいわいがやがや暮らしていました

高度成長期の 慌ただしいがむしゃらな

時代が終わり 人生が100年と いわれるようになり

古民家での生活のあこがれがまた

蘇ってきます。

無理だと あきらめてしまえば 終わってしまう話ですが

もう一度 夢を 見たいと・・・・・・。

朝の お味噌汁の 具とねぎは となりの畑で収穫

おかずはいまの季節なら さやえんどうの 炒め物

にわとりを3羽飼って 毎朝、玉子の確認

井戸が 欲しいけど 電気ポンプは つけたくなくて

手押しポンプにしたいと思ったりしています。

日の出とともに起きて

日暮れと共にゆっくり過ごし

音楽は やっぱりレコードで

お風呂は外風呂で 薪で 火起こし

和と洋のハーブの 香りにかこまれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

淀川洋子
淀川洋子
イエノコト株式会社 代表取締役
ナガタ建設株式会社 取締役総務部長
(一社)全国古民家再生協会 副会長
(一社)住教育推進機構 九州地区長
空き家アドバイザー協議会 理事
(一社)家事塾 代表理事
(一社)生活哲学学会 理事
(一社)いえのこと・はたらくこと・まちのこと 理事(建築建設女学校)
(株)生活の学校 取締役
太宰府市空き家予防推進協議会 代表
---------------
尊敬する人:上杉鷹山
好きな言葉:なんくるないさぁ
趣味:片付け・生け花・書道
---------------
・平成28年 総務省テレワーク100選 
・2019年福岡県男女参画表彰 女性活躍部門
・令和2年5月より男女参画委員
・家事塾養成講座開催
category:暮らしの知恵  |    |  2020.05.27

関連する記事

pagetop