「古民家」新着記事

古民家

16/04/13

温室効果ガス

地球が誕生した46億年前から、 地球は太陽から光と熱のエネルギーを受け、 ずっと加熱されてています。 普通に考えればとっくに溶けてしまっているところです。 しかし、地球が溶けない理… [more]

古民家

16/04/11

「木(材)」の定義

「無垢の木の定義」ってわかりますか? ショールームに行くと 「集成材※」まで「無垢です」と言う場合が有ります。 ・科学物質を使っていないこと (集成材や注入材は無垢でなくなります)… [more]

古民家

16/04/09

産業廃棄物が変わりつつある

今まで産業廃棄物処理業 建設関連廃材を扱うリサイクル業者さんは 木屑の再資源化に力を入れていました   今後バイオマス発電所の燃料にリサイクル木材の需要が増すと想像してい… [more]

古民家

16/04/06

相続税(平成28年度控除)

自分が住んでいた自宅を売却した場合は、 譲渡益(自宅売却で儲かった利益部分)から3,000万円を控除できるという 特別控除の特例は以前からありました。 今回、それに加え、自分の親が… [more]

古民家

16/04/01

木は生きています

木は生きて呼吸し、 温度や湿度の調整機能を持っています。 感触的に冬はやや暖かく夏はやや冷たくというのは、 外気にかかわらず一定の温度を保とうとしているからで、 人間の生理に心地よ… [more]

古民家

16/03/26

先人の知恵

欧州の石の文化に対して、 日本が木の文化であることは広く知られていることです。 そして中国は土の文化といわれています。 日本には世界最古の木造建築物として 法隆寺が世界遺産になり、… [more]

古民家

16/03/21

これからの解体

古民家を解体するとき・・・ 所有者は「木材(古材)がもったいない」と言います。 しかし多くの解体屋さんは 「めんどくさいから廃棄解体」を選択します。 環境に時点から 「めんどくさい… [more]

古民家

16/03/18

日本の屋根

日本の屋根は傘と言われ、 それに対して西欧の屋根は 帽子だそうです。 気候の違いによって 自然に屋根の形が形成されてきているようです。 日本は日差しが強く夏の暑さは激しいところです… [more]

古民家

16/03/11

森と水

世界中に存在しながら、 人間がわずか0.007%しか利用できない資源・・・「水」 地表の3分の2が水で覆われ、「水の惑星」ともいわれる地球ですが、 その97.5%は海水です。 その… [more]

古民家

16/03/04

市場創造

政府の「地球温暖化対策計画」 昨年末に採択された温暖化対策の新たな国際ルール「パリ協定」を受け、 2050年に温暖化ガスを現在より80%減ら日本の長期目標です。 実現に向け、 再生… [more]

住教育

15/12/13

古民家から学ぶ先人の知恵

昔の加工技術では柱などの木材は貴重品であり家を建て替える際には 何度も使い回され、そこにはものを大事にする精神がありましたし、 開放的な間取りは近隣とのコミュニティを重視し ご近所… [more]

pagetop