「古民家」新着記事

古民家

16/08/18

家づくりは夏を旨とすべし 1

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。」 吉田兼好『徒然草』の一節です。しかし 「家づくりは冬を旨とすべし」と公言する東京大学准教授前真之氏。 前准教授は… [more]

古民家

16/08/13

丸太を使う理由

欧州の石の文化に対して、 日本が木の文化であることは広く知られていることです。 そして中国は土の文化といわれています。 日本には世界最古の木造建築物として 法隆寺が世界遺産になり、… [more]

古民家

16/07/04

日本の気候に合わせる

木材には干割れの心配と同じように、草テツィマウ心配があります。 でも、法隆寺の実例があれば、木材は条件次第で千年以上もの耐久性がある、 強い材であることはわかっています。 単純なこ… [more]

古民家

16/06/26

木造住宅の話 

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。 あたり前のようにあって当然のものと考えますが、 木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。 現代になって木… [more]

住教育

16/06/15

民泊を考える

大阪府と東京都大田区では、 全国に先駆けて民泊条例を施行しました。 これにより、今まで旅館業法の設備規定を備えていない一般住宅でも、 短期の一時宿泊者に有料で貸すことが出来るという… [more]

住教育

16/06/06

古民家の役割

地方創生は「人口問題」からも必要不可欠です。 東京一極集中が続けば「一人っ子」が増えて人口は増えないのだと思います。 地方でのびのびと安全に子育てが出来る環境が必要です。 地方には… [more]

古民家

16/05/31

古材の日

今日は日本記念日協会の制定した「古材の日」 「こざい」は元々「古財」と書きました。 その前の時代は「ふるざい」とか「こぼく」と言われていました。 何故「古財」にしたかと言うと「木の… [more]

古民家

16/05/28

平成の大工育成事業

昨年からスタートした「平成の大工棟梁育成事業」 ・若手大工棟梁の育成検定の創造・拡大 ・高校・大学での大工候補の積極的発掘 ・魅力ある研修制度の確立 この3つを構築しています。 昨… [more]

古民家

16/05/12

新材と古材

古材も新材も価格は変わりません。 同じと思って頂いていいと思います。 古材は「高級な木材」ですから 解体されるときに「上手に取って新しい家に使う」のがいいと思います。 その分費用が… [more]

古民家

16/05/05

子どもの日を考える

今日は「こどもの日」。 男の子の成長を祝う行事としてすっかり定着しています 端午の節句とも呼ばれるこのお祭り。 どうやら最初は、男の子のための日ではなかったようですよ。 こどもの日… [more]

古民家

16/04/29

木の本当の強さ

森林林業学習館からの抜粋です 千葉県浦安市にて8年間、 4種類の木材を野ざらしにした結果です。 左から、 静岡県産のヒノキ、 宮崎県産のスギ、 カナダ産のベイツガ、 フィンランド産… [more]

古民家

16/04/24

本当のコトを伝える

熊本地震発生を受け、 応急危険度判定士として現地で被災した建築物の調査に当たった 静岡県が被害状況を報告しています。 「損壊した建物の多くは旧耐震基準だった耐震化が住民の命を守るこ… [more]

古民家

16/04/23

熊本の古民家は本当に耐震性はなかったのか?

「となりのトトロ」の舞台となった草壁家。 この「サツキとメイの家」のような 伝統的な木造建築の工法を使った家は 2020年には新築としては建てられなくなります。 国はエネルギー基準… [more]

古民家

16/04/16

地域の格差

「平成25年度県民経済計算暫定版」 県民所得が最も多かった東京都の東京都の59兆9592億円に対し、 最も少なかった鳥取県は1兆3497億円です。 また県民総生産を見ると 最も多か… [more]

古民家

16/04/14

エンゲル計数

「エンゲル係数」(家計の消費支出に占める食費の割合)が上昇しています。 日本のエンゲル係数は、 1960年代前半は40%近かったですが時代と共に低下が続き、 95年頃からはおおむね… [more]

pagetop