手をかけて磨きをかけて思いを込めて住まう家

今日から朝ドラ「エール」が始まりました

作曲家の古関裕而さんの物語のようです。

昭和39年の東京オリンピックの入場行進曲を作曲した方です。

令和2年7月のオリンピックに向けての応援物語が

いままさに日本中の応援歌に聞こえてきました。

地域がより大切な時代にはいりました。

そして当たり前のように過ごしてきた家族がとても

愛おしく大切な事に気づく時代になりました

今まで経験したことのないような事が起きて

家で過ごす時間が長くなってきました

ITもAIも進む中ですが少しだけ不便なことも楽しんでみる

そんな風に考えてみてください

家の中の事を家族で話し合ってみてください

個人の場所は個人の好きなように家族の共有スペースは

家族で納得いくまで話し合って決めていく

考えただけでわくわくしてきます

好きな物を好きな場所に管理できる数を置いていく

家族の理想の休日の過ごし方を考えてみませんか

いまだからできる事 今だからやってみてください

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

淀川洋子
淀川洋子
イエノコト株式会社 代表取締役
ナガタ建設株式会社 取締役総務部長
(一社)全国古民家再生協会 副会長
(一社)住教育推進機構 九州地区長
空き家アドバイザー協議会 理事
(一社)家事塾 代表理事
(一社)生活哲学学会 理事
(一社)いえのこと・はたらくこと・まちのこと 理事(建築建設女学校)
(株)生活の学校 取締役
太宰府市空き家予防推進協議会 代表
---------------
尊敬する人:上杉鷹山
好きな言葉:なんくるないさぁ
趣味:片付け・生け花・書道
---------------
・平成28年 総務省テレワーク100選 
・2019年福岡県男女参画表彰 女性活躍部門
・令和2年5月より男女参画委員
・家事塾養成講座開催
category:暮らしの知恵  |    |  2020.03.30

関連する記事

pagetop